スポンサードリンク

2011年08月12日

チームバチスタ3 3話

今日は前回の続き、チームバチスタ3の第3話のあらすじについて書いていきます。


「偽りの死亡時刻」のあらすじについてです。

伊藤淳史演じる田口公平と仲村トオル演じる白鳥圭輔は友野の死亡推定時刻の3時間後に、友野の名でパソコンにログインした人物がいた事実を突き止める。

しかし、調査する過程で実際の作業の記録からログインしたのは友野自身だったことが明らかとなり、白鳥は死亡推定時刻が誤って鑑定されたのではないかと疑いを持ち始める。

翌日、田口と白鳥は小西真奈美演じる笹井スミレのもとを訪ねる。
そして、死亡推定時刻の鑑定を誤るケースがあるとすれば、どのような理由からなのかということを解明するために精を出す。

そうしたなか、笹井は警察から依頼された遺体の司法解剖を行っていた。
遺体は当初殺害された可能性があるとされていたが、実際に解剖した結果、一酸化炭素中毒による事故死であることが明らかに。

このとき白鳥は笹井の言葉をヒントにし、友野の死因をガス中毒と仮定。
そして、ガス中毒はAiでCT画像を見ただけでは診断できず、安田顕演じる島津吾郎が異常を見つけることができなかった可能性がある・・・。

田口と白鳥は、すぐに遺体発見現場のMRI室に向かう。
そして、常備されている液体ガスがあることに気付いた・・・。


おまけ:田口役を演じる伊藤淳史が優木まおみと共演していたなんて〜〜exclamation

いずみと僕と彼と俺/伊藤淳史/優木まおみ


posted by チームバチスタいいね! at 13:47| チームバチスタ3 3話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
チームバチスタ3 徹底検証!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。