スポンサードリンク

2011年09月06日

チームバチスタ3 9話

今夜はチームバチスタ3ですexclamation

今日は第9話ですね。
その第9話のあらすじについて書いていきますグッド(上向き矢印)

桜宮市内の川原で女子高生・三谷優花(戸井智恵美)の遺体を発見。

目立った外傷が見当たらず、検視で死因が判明しないことから、所轄の玉村刑事(中村靖日)は再始動したAiセンターに鑑定を依頼。
島津(安田顕)はCT画像から頭皮下血腫と肋骨骨折を発見。
田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は笹井(小西真奈美)に解剖を依頼。

ところが「しばらくAiセンターと距離を置きたい」と断られ、代わって教授の山岡(市川勇)が解剖を担当。
山岡は優花が意識を失った後に一度蘇生した痕跡を発見するものの死因はわからず、事件性のない“心不全”と断定。

しかし、この結果を聞いた笹井にある疑念が湧きあがる…

その夜、田口は島津とともに松崎(六平直政)のアパートを訪ねていた。
冤罪が確定し、晴れて釈放された松崎と20年ぶりに和解。
仲睦まじい父子の姿を感慨深げに田口は見つめていた。

同じ頃、東城医大の解剖室では、笹井が密かに優花の再解剖を実施していた。
遺体にメスを入れた笹井は、山岡が見落としていたあるものを発見。
それは、20年前の松崎事件の再来を告げる証となるものであった…!



チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙 伊藤淳史/仲村トオル


【関連する記事】
posted by チームバチスタいいね! at 11:40| チームバチスタ3 9話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
チームバチスタ3 徹底検証!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。